東海道線
琵琶湖線

language

JR琵琶湖線

多喜山城跡・日向山石段(たきやまじょうあと)【栗東市観光】

多喜山城跡・日向山石段
写真提供:公益社団法人びわこビジターズビューロー

標高222.9mの日向山に築かれた戦国時代の山城跡。
多喜山城はいわゆる「元亀争乱」の際に六角氏などの抵抗勢力に備えるために、織田・豊臣政権の手になるとされる虎口(城門跡)や石垣は、近世の城郭につながる初期の形を示すものとして全国から注目されている。
この地は奈良興福寺領であったことからそれ以前に地頭代によって城が築かれていたという説もあります。
山頂まで721段の石段が整備され、龍王の祠がある。山麓の日向山古墳は古墳時代後期の円墳。

多喜山城跡・日向山石段

名称 多喜山城跡・日向山石段(たきやまじょうあと)
所在地 滋賀県栗東市六地蔵
時間
休み
料金
多喜山城跡・日向山石段 アクセス 【鉄道】
JR東海道線(琵琶湖線)「JR草津駅」 下車 バス 14分 高野バス停、徒歩13分

JR草津線 「手原駅」 下車 徒歩 40分

JR草津線 「手原駅」 下車 バス 10分 日向山バス停【土日祝運休】
【車】
名神高速自動車道栗東ICから車で約5分

駐車場 普通車 10 台
問い合わせ先 一般社団法人栗東市観光協会
077-551-0126






【鉄道】
JR東海道線(琵琶湖線)「JR草津駅」 下車 バス 14分 高野バス停、徒歩13分

JR草津線 「手原駅」 下車 徒歩 40分

JR草津線 「手原駅」 下車 バス 10分 日向山バス停【土日祝運休】
【車】
名神高速自動車道栗東ICから車で約5分