東海道線
琵琶湖線

language

JR琵琶湖線

三成の居城 佐和山城跡(さわやまじょうあと)【彦根市観光】

三成の居城【佐和山城跡(彦根市)】
写真提供:公益社団法人びわこビジターズビューロー

関ヶ原の合戦(1600年)で、西軍を率いた石田三成の居城。
標高233m、比高148mで、麓から30分もあれば本丸があった山頂まで登ることができます。建造物は残されていませんが、石垣や土塁などの遺構から、この城の堅固さをうかがい知ることが出来ます。最近の発掘で、武家屋敷跡や内堀跡、城下町跡などがみつかっています。
江戸後期に書かれた『甲子夜話』で、佐和山城は板張りに荒壁と、質素な城であったとされています。質素倹約に努め家臣・領民を身分に関係なく慮った三成でしたが、関ヶ原の合戦で敗れ“大一大万大吉”の理想まであと一歩届きませんでした。代わってこの地の領主となった井伊家は、佐和山城を破城しました。
建築物の多くは彦根城や麓にある清凉寺(せいりょうじ)、龍潭寺(りょうたんじ)に移築転用され、現在では佐和山城を偲ぶものは、わずかに残った石垣と、後の時代に建てられた石碑だけとなっています。また、山頂からは琵琶湖や比良山系が一望のもとに見わたせます。

三成の居城 佐和山城跡

名称 三成の居城 佐和山城跡(さわやまじょう)
所在地 彦根市古沢町、佐和山町
時間
休み
料金
三成の居城 佐和山城跡 アクセス 【鉄道】
JR東海道線(琵琶湖線)「JR彦根駅」 下車徒歩約20分
【車】
名神高速自動車道彦根ICから車で約10分
駐車場 30台
問い合わせ先 彦根市観光案内所
0749-22-2954






【鉄道】
JR東海道線(琵琶湖線)「JR彦根駅」 下車徒歩約20分
【車】
名神高速自動車道彦根ICから車で約10分