東海道線
琵琶湖線

language

JR琵琶湖線

千代神社(ちよじんじゃ)【彦根市観光】

[彦根市 神社 仏閣 | 歴史・文化・社寺仏閣 ]

千代神社
写真提供:公益社団法人 彦根観光協会

創祀年代は不詳であるが、社伝によると、孝元天皇の皇女、倭迹迹姫の降誕により勧請、履仲天皇の御宇再建したといわれている。天正十三年、石田三成が佐和山城を築くに当り、姫袋の地より彦根山麓の尾末の地に移したが、慶長六年、彦根城藩主井伊直政が徳川家康の命により、彦根城を築くに当り、旧社地の古沢町姫袋の地に復祀した。
爾来藩主井伊家歴代の崇敬篤く、造営修復が行われた。
もと「千代之宮」と称したのを明治二年「千代神社」と改めた。
明治九年郷社、同十六年県社になる。本殿は桃山末期から江戸初期の建造物として昭和二十四年二月に国宝に指定され、その後の法の改正によって昭和二十五年八月重要文化財建造物となった。
なお、当社が古沢町姫袋から現在地に遷座したのは、セメント公害を避けるため旧社地をセメント工場に提供し、元大橋氏の屋敷に昭和四十年一月に遷宮の工をおこし、翌四十一年五月に竣成、現在に至っている。

千代神社のアクセスマップ

名称 千代神社(ちよじんじゃ)
所在地 〒5220081 滋賀県彦根市京町2-9-33
時間 9:00~17:00
休み
御祭神 天宇受売命

〔配祀神〕猿田彦命 大物主命

札所等
千代神社アクセス 【鉄道】
JR東海道線(琵琶湖線)「JR彦根駅」 下車 バス 10分 京町二丁目
駐車場 普通車 5 台
問い合わせ先 千代神社 0749-22-1237






【鉄道】
JR東海道線(琵琶湖線)「JR彦根駅」 下車 バス 10分 京町二丁目