東海道線
琵琶湖線

language

JR琵琶湖線

大雄山西円寺(さいえんじ)【米原市観光】

[米原市 神社 仏閣 | 歴史・文化・社寺仏閣 ]


西円寺
写真提供:一般社団法人びわ湖の素DMO

西円寺は今から650年以上前に創建され、比叡山延暦寺(天台宗)の末寺として栄えましたが、織田信長の叡山焼き討ちに遭い、壊滅的な被害を受けました。

江戸初期、中国福建省より隠元禅師が渡来、徳川四代将軍家綱公の帰依により京都宇治に黄檗山萬福寺が開創され、黄檗宗が瞬く間に日本中に広まりました。
西圓寺は、その黄檗宗の寺院とし、彦根藩の井伊家と新庄檀家、さらに西園寺有志信者によって新たに再建されました。

現在は黄檗宗寺院となっております。ご本尊は101.7cmの聖観音立像で平安時代の作とされており、秘仏として厨子内に奉祀されております。

西円寺のアクセスマップ

名称 西円寺(さいえんじ)
所在地 滋賀県米原市西円寺661
時間
休み
利用料金
宗派 黄檗宗
山号 大雄山
御本尊 聖観音菩薩
札所等 近江湖北27名刹巡礼26番
開山
開基
西円寺アクセス 【鉄道】
JR東海道線(琵琶湖線)「JR米原駅」 車にて約5

【車】
北陸自動車道米原ICから車で約5分
駐車場
問い合わせ先 0749-52-5168






【鉄道】
JR東海道線(琵琶湖線)「JR米原駅」 車にて約5

【車】
北陸自動車道米原ICから車で約5分