東海道線
琵琶湖線

language

JR琵琶湖線

安楽寺(あんらくじ)【東近江市観光】

[東近江市 神社 仏閣 | 歴史・文化・社寺仏閣 ]

安楽寺
写真提供:公益社団法人びわこビジターズビューロー

繖山の一部、伊庭山(いば)の中腹にある天台宗寺院。
繖山無量寿院(むりょうじゅいん)と号し、聖徳太子が近江に建てた48寺院の第1番目という(與地志略)。
本尊は千手十一面観音。当寺と末寺閣魔堂(えんまどう=現十応寺=じゅうおうじ)は八王子法橋(はちおうじほうきょう)五人衆・十六人衆によって維持運営された。八王子法橋伝釆文書によれば、諸事評定は東座・西座の両座で行い、本堂造営のため両座から4人の僧が中国へ渡海したが、帰朝の際難破したという(年欠伊庭安楽寺先規置文案)。
貞和5年(1392)11月に衆徒方と行人方が礼法と田畠下作職のことで争い、伊庭氏の仲介があったことを示す史料のほかは、寄進状や売券が多く、永和2年(1376)12月、宝徳4年(1452)1月、応仁元年(1467)11月など37点ほどを数える。同じ天台宗の佐野の善勝寺と往釆があり、しかも猪子の上山天神と結びつき、神仏習合の有様を知りうる。
天正4年(1576)織田信長により焼打ちされたという(神崎郡志稿)。
江戸中期に再興するが、嘉永6年(1853)に火災があり、記録頬の一部を失った。

安楽寺のアクセスマップ

名称 安楽寺(あんらくじ)
所在地 東近江市能登川町986
時間
休み
利用料金
宗派
山号 天台宗
御本尊 千手十一面観音像
札所等
開山
開基 聖徳太子
安楽寺アクセス 【鉄道】
JR東海道線(琵琶湖線)「JR能登川駅」 下車 徒歩 20分

JR東海道線(琵琶湖線)「JR能登川駅」 下車 車 5分

【車】
名神高速道路竜王ICまたは彦根ICから国道8号。

駐車場
問い合わせ先 0748-42-3506






【鉄道】
JR東海道線(琵琶湖線)「JR能登川駅」 下車 徒歩 20分

JR東海道線(琵琶湖線)「JR能登川駅」 下車 車 5分

【車】
名神高速道路竜王ICまたは彦根ICから国道8号。